馬油・天然馬油保湿クリームの「セントモニカ」

011-213-7572 受付時間10:00~18:00(土日祝休み)info@stmonica.info

アロマセラピー


アロマセラピーとはアロマ(芳香)とセラピー(療法)の二つの言葉から出来ています。
芳香の元である精油とは植物の花、葉、種子、幹、果皮、樹脂からとれる、揮発性の100%天然成分です。一つの植物からとれる精油の中には、沢山の成分を含むため、その中の成分を抜き出して、古くから薬として役立っているものもあります。
精油というものは不思議なもので、漢方薬の処方と同じく、数多くの成分がお互いを補い、また出すぎた作用を抑え、自然界のバランスの中でうまく構成されています。
この植物の力を借りて、心と体の健康を維持するお手伝いをするのが、アロマセラピーです。

芳香成分はどのように、体の中にとりいれられるのでしょうか。
まず、揮発性のため、容易に鼻からすいこまれ、臭覚という五感の中でも原始的な分野である脳へ伝達されます。ある時、突然、何かの香りをかいだ時、昔のことを思い出したことがありませんか?
それも、瞬時に、情景が頭の中に思い浮かんだはずです。それは、芳香とともに記憶の引出しにしまわれたその時のイメージを呼び起こした為なのです。
また、芳香は、体の機能をつかさどる、大事な自律神経の交感神経と、副交感神経にも作用します。

通常、程良いストレスの状態では、この両神経がバランスよく、体を昼、夜とコントロールしています。しかし、ストレスが高くなると、バランスを崩します。芳香物質は、大脳へ電気信号として、伝わり、体や気持ちをコントロールする大事な神経に作用するのでリラックスできるとか、癒されると言われるのです。
鼻から吸収される他に、呼吸から肺へ伝わり、肺胞から全身の血管へ取り込まれます。トリートメントオイル中の精油成分は、皮膚から吸収され皮下の血管に取り込まれ、さまざまな、働きをするのです。

アロマセラピーは正しく使えばとても、便利で、私たちの生活に役立つものです。
たとえば、子供の成長期では、お母さんが子供たちに、与える安心感やストレスを減らしたり、化学薬品を使わないホームケア、シャンプーや保湿クリーム、虫除け、なども製作できます。また、働き盛りやストレスの多い社会人にとっては、バランスを崩し、体の不調も、不調と感知できない状態を、認識できるように芳香を使います。
女性にとっては年齢における特有のホルモンのバランスから、産前産後のケアや、更年期、など、そのバランスに作用するようなアロマの使い方を覚えます。介護や、容易に動作を起こせないかたも、おうちで出来る簡単で、まわりの方も芳香を楽しめるよな、提案をしたいと思います。

クラス内容の詳細は「スクール【準備中】」のページをご覧ください。

※活動歴 (公的機関)
東京都北区産業振興課おかみさん塾 東京家政大学ヒューマンライフ支援センター
東京都北区障害者支援センター 板橋区小豆沢福祉園 東京都文京区駕籠町小学校 東京都品川区三木小学校 東京都北区富士見中学 東京都北区豊島若葉小学校

妊娠・出産・産後とわずか10ヶ月間におこる劇的な変化を乗り越える体をケアする方法と育児のためのママと赤ちゃん、ご家族のために、アロマセラピーとハーブの基礎を勉強しながら、生活の中でお母さんが家族の健康を守るために手軽に出来るケアを学びます。
ベビーマッサージについてもふれます。安定期に入ってから参加対象となります。

※詳細は「スクール【準備中】」のページをご覧ください。

乳幼児から、青年期と、さまざまなストレスに囲まれて忙しい子供達の食生活の変化やダイエット、心のバランスの変化にいち早く気がつき、お母さんが身近で一番の理解者になるための、お母様のアロマセラピー教室です。
ストレス対策、受験、思春期にほっとできるアロマオイルの使い方など、対象になるお子様に応じて内容が、異なります。

※詳細は「スクール【準備中】」のページをご覧ください。