TheStmonica

ハッカ

ハッカ

北海道滝上町原産「赤丸」薄荷の物語

日本の和薄荷の原種「赤丸」は、茎が赤く葉が丸いことから、その名前が付けられました。北海道滝上町に一度は淘汰された薄荷が、復活しました。

歴史

ハッカの生産は1817年に岡山県で始まり、後に山形県、広島県などに広がり明治末期からは北海道北見地方が主生産地になりました。日本産のハッカははその品質が高く評価され、最盛期の昭和12~14年には世界の生産量の80%を超えるまでになります。北海道の作付面積も昭和14年には史上最大の20,760ヘクタールに達し、全国の作付面積の90%を占めていました。その後海外産の天然ハッカや合成ハッカに押され生産が減少。北海道産以外のハッカ栽培は昭和48年に消滅しました。北海道でもハッカを生産しているのは今では北見地方の北見市と滝上町のみで作付面積もわずか数ヘクタールとなっています。ところでハッカといえば北見市というイメージがありますが、今現在ハッカ生産のほとんどは滝上町で行われています。日本産の天然ハッカはほぼ滝上町で生産されているのです。ハッカ生産は今や滝上町の文化とも言える存在です。現在、赤丸ハッカは、農薬を使わない方法で、栽培されています。

特徴

  • * 穏やかな香は 体をリラックス、スッキリ、軽やかにいたします。
  • * 透き通る香りは、思考をはっきりといたします。

ハッカ


・薄荷の清涼感と、保湿作用 頭がすっきりします
成分 ホホバオイル シア脂 アルガンオイル ハッカ油
容量 10g


・薄荷の清涼感が、得られます。気分の切り替え、物忘れ予防
成分 アルコール 薄荷水、ハッカ油(精油成分)
容量 30ml


・薄荷の清涼感が、得られます。気分の切り替え、物忘れ予防、保湿作用
成分 石鹸素地、ハッカ水、ハッカオイル
容量 20g

backtotop