TheStmonica

化粧品製造の依頼

2020/04/01

ある北海道のエリアのハーブを育てている

 

食品として栄養として取り入れたり、

日々の健康を維持するために、採取したものを

付け込んで、けがをしたときにつけるチンキのようなもの

形はいろいろ変わるのですが、

長い長いアイヌの人の生活が私たちに、口話で伝承してくれる。

昔の物語が、新しきを生む。

そして、できるだけ、シンプルに作ったそのものは、

今の時代もわしたちの肌に合い、 その香りはどことなく 遠くの山の草と、

土のにおいがするのです。 そして、それらの草花を摘んだエキスを混ぜた

そのクリームは はだなじみよく、 保湿や少々難儀の時も、役に立つのである。

素朴さと力強さをお伝えします。

backtotop