【新商品】のど飴「MINAMINA(ミナミナ)」

新商品 おすすめ商品 限定品

¥ 864 (税込)

加算ポイント:8pt

商品コード:

数量

のど飴「MINAMINA(ミナミナ)」は、マスク生活が続く中で、爽やかに過ごしていただきたいと、薬剤師でもあるセントモニカ代表の七戸が開発しました。北海道産素材とアイヌの養生食「キハダの実」を使用しています。

キハダの樹は、別名「黄柏(おうばく)」とも呼ばれ、木の幹の木片は黄色い色をしています。その木につく実は黒く、黒コショウのような形です。山椒の仲間でミカン科の植物。北海道で育つミカン科の植物は大変珍しいものですが、キハダはアイヌ語で「シケレベ」と言われ大切に食されています。

キハダの実の心地よいしびれとピリピリ感がのどに清涼感を、白樺の樹液は優しい甘みと、甘草はカロリーオフの役割を。また甘草に含む成分も体に優しく、ハスカップは道産の100%果汁のフリーズドライをそのまま飴に練りこみました。

小樽の老舗・飴谷製菓株式会社による丁寧な製造で、口の中でゆっくりと長い時間楽しむことができます。 

「MINAMINA(ミナミナ)」はアイヌ語のミナミナ(ニコニコする、たくさん笑う、という意味)を引用しました。


・価格 864円(税込)
・内容量 10個 ( 1個当たり8g)
・原料名:甜菜糖(北海道産製造)水あめ、白樺樹液、ハスカップ、キハダの実、甘草、クエン酸
・賞味期限:製造より1年
・保存方法:直射日光 高温多湿を避けて保存して下さい
・栄養成分表示100g当たり(推定値) 熱量 389kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 97.2g、食塩相当量 0g


【容器のデザインについて】
缶ふたの文様は津田命子さんにデザインして頂きました。
国立アイヌ民族博物館(ウポポイ)の壁面にアイヌ文様や、丸井今井札幌本店の紙袋のデザインを手掛けるなど、アイヌ刺しゅう文様研究の第一人者です。アイヌ文様研究で学術博士号取得。平成30年度文化庁長官表彰授与。


【キハダの実とアイヌについて】
のど飴に使用したキハダの実は、アイヌ語で「シケレベ」といい、古くからアイヌの養生食とされ、気付けの役割、カゼや体調不良などから体を守るために常備食として乾燥保存し、1年を通して食されています。


【キハダの実の特徴】
キハダの実はミカン科の樹になる実。
山椒に似た心地よいスパイシーな刺激と森のにおいを凝縮したような香りがあります。成分は殺菌、静菌、のどの収斂、唾液の分泌促進(認知症の予防)と口腔内ケアにつながり、のどの炎症、のどストレス緩和を想定しています。


【その他の材料と成分について】
・白樺樹液/美深産(低カロリー、フルクトース、キシリトールの前駆体、アミノ酸、各種ミネラルを含む Mg, Zn, K, P, Ca  )

・甘草/帯広産(甘味を持つが低カロリー。グリチルリチン酸という成分を含みます)

・ハスカップ/苫小牧産(ビタミンC・クエン酸の酸味が、口の中をさっぱりさせます)

・てんさい糖/帯広産(てんさいから採取した糖。精製白糖と違い、ミネラルを含む糖で、血糖の急速な上昇を緩和)


【産学連携について】
人々の健康・福祉の増進に寄与することを目的に設立された、北海道科学大学「北の大地ライフサイエンス創生研究所」と協力し、成分調査、キハダ活用の歴史、先住民文化、キハダ植生等の共同研究を実施いたしました。


【販売場所について】
最新情報はブログにて随時更新しています。

セントモニカについて

贅沢な自然健やかなる
美しさをあなたに

The St Monica セントモニカ

The St Monica社のモニカは祖母、母と引き継いだ名前。ロゴマークは、母が子をつつむ姿を表現しています。北海道の良質な素材を使い、赤ちゃんから使える、体に優しい天然素材のスキンケア商品の販売をしております。