TheStmonica

保湿の大切さ「天然馬油保湿クリーム」

2020/05/09

手洗いだけでなく、そのあとの「保湿」の大切さについてご紹介します。

 

日々、手洗い、消毒は、社会運動のように、生活ルーチンになりつつあります。

 

皮膚は5層で、一番上の皮膚はバリア層です。
通常は、常在菌(生活するときに健康であれば、人も菌も同居して共存しています)に囲まれていますが、手洗いのし過ぎや、消毒を使いすぎると、皮膚層が薄くなってしまいます。皮膚は油脂と水分を分泌し、バリア機能をつくって外部からの菌の侵入を自然に守っています。

 

ですが、現在のように、必要を超えた洗浄回数と、消毒用アルコールなどの素材の特性により、皮膚の皮脂や水分を奪ってしまっているために、ウイルスを退治できても、皮膚がバリア機能を失ってしまっては、元もこうもありません。

 

また、皮膚のバリア機能が失われ、皮膚の外皮という一番上の層が薄くなったり、傷、ひび割れを伴うと、そこから、痛みが生じたり、皮膚の内側にある血管層へ、ウイルスや、菌が、入り込む心配も出てきます。

手洗いのポイント

 

手洗い、消毒は、その目的である、あるウイルスの除去を目的としているので、皮膚を健康的な状態に保つためには、保湿をするということも大切になってくるのです。

 

とても見極めが難しいと思いますが、洗う時間や回数をより多く行うときには、できるだけ皮膚をやさしく包むように洗ってください。

 

傷や、もともと肌荒れがある方は、その部分を強くこすらずに、なるべく傷を深めないように。

 

そして、洗う素材もできるだけ天然のものを選び、刺激が少ない素材で洗うこと。

 

洗った後には、適度な保湿をしましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「天然馬油保湿クリーム」

・全成分:馬油(炭でろ過した無臭タイプ)みつろう、白樺樹液エキス
・使用目的:保湿、うるおい、唇、顔、身体、髪の毛、頭皮にも使えます。
・80g 3,500円(税抜)/10g 600円(税抜)

 

>商品の詳細やご購入はこちらをクリック
https://stmonica.info/shop/products/detail/162

 

 

使い方

 

乾燥した皮膚、最近においては石鹸で洗う回数が増えて、乾燥しがちな部分。季節の変わり目で乾燥しがちな皮膚に保湿します。

 

肌を潤わす程度、少量を皮膚を滑らせるように塗布します。

 

浸透性が高いので、一旦保湿してみて、必要であれば少し足してください。

 

手先、顔程度であれば、人差し指がかすかに埋まる程度の量で、お試しください。

 

天然馬油保湿クリームを塗布した時の特徴

 

水を引き込む効果があります。
馬油は保湿力の高い油脂です。炭でろ過し、香を抑えていますので、赤ちゃんや妊婦さん、何かの治療をしていて、においをあまり好まない方、肌が敏感な方もお使いになれます。それから、保湿の時に、軽く肌を濡らしてからクリームを塗るほうが、しっとりします。

 

 

油分と水は、はじきあうのが普通ですが、 セントモニカの馬油ように炭でろ過し、肌に入れやすいように均一化している油分は、非常に肌に浸透します。そのため、同時、もしくは、クリームを塗った後に、水分や、セントモニカの「白樺樹液美容液」を入れてあげると、より保湿が強くなります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【おすすめアイテム】

肌に優しいふわふわの天然馬油泡石鹸
保湿力のある馬油と白樺蒸留水、保湿と肌を穏やかにするシソ蒸留水を使用した泡タイプの石けんフォーム。手だけでなく、全身にご使用できます。

 

>商品の詳細やご購入はこちらをクリック

天然馬油泡石けん
https://stmonica.info/shop/products/detail/168

天然馬油泡石けん(詰め替え用)
https://stmonica.info/shop/products/detail/172

 

マスクスプレーとしても使用できる「アロマフレグランススプレー」

アロマの香りでマスクの不快感や気になるニオイをリフレッシュ!

 

>商品の詳細やご購入はこちらをクリック
ラベンダーとハッカ2本で割引キャンペーン中!
https://stmonica.info/shop/products/list?category_id=75

 

お得なキャンペーン実施中!

おすすめ商品やお得なセットをご紹介しています!

>商品の詳細やご購入はこちらをクリック
https://stmonica.info/shop/products/list?category_id=56

 

札幌市内の販売店のご紹介(緊急事態宣言中)
(↓クリックすると詳細をご覧いただけます)

 

backtotop